家庭用生ごみ処理機「ナクスル(NAXLU)」を徹底レビュー!~その実力と口コミに迫る~ | ナ ニ コ レ 倶 楽 部

家庭用生ごみ処理機「ナクスル(NAXLU)」を徹底レビュー!~その実力と口コミに迫る~

生ごみ処理機の「ナクスル(NAXLU)」についてレビューします。
「ナクスル(NAXLU)」は、家庭で発生する生ごみの処理を簡単かつ効果的に行うために設計された新世代の生ごみ処理機ですが、この製品を購入するかどうか迷っている人も多いでしょう。この記事を通じて、購入を検討している方々が参考にできるような情報を提供します。

家庭用生ごみ処理機「ナクスル(NAXLU)」の特徴

ニオイや手間、音の問題を全て解決した製品として話題になっています。「ナクスル(NAXLU)」を使用することで、生ごみ処理がこれまでにないほど快適になります。

これまでの業界の課題を解決し、「臭わない」「手間がない」「音がない」を実現した画期的な商品です。優れた脱臭技術を搭載しており、生ごみの悪臭成分を99.84%除去します。また、分解力が強く、生ごみを入れても中身がほとんど増えないので、取り出す手間がないのが特徴です。他社製品にはないハイブリッド式です。

生ごみ処理機の種類について

家庭用生ごみ処理機には、大きく分けて乾燥式とハイブリッド式の二つのタイプがあります。

低・中価格帯:乾燥式

乾燥式の生ごみ処理機は、多くのメーカーから様々な製品が出ています。価格が比較的低く、種類も豊富ですが、性能には大きな差がありません。初心者が選ぶことが多いですが、毎日の取り出し(年間365回)やランニングコスト、処理時の臭いが原因で、最終的にはハイブリッド式へ乗り換えるケースが増えています。

高価格帯:ハイブリッド式

一方、高価格帯のハイブリッド式は、弊社以外にもメーカーが存在していますが、長年にわたりハイブリッド式を販売しているのは弊社のみで、ハイブリッド式の市場シェアのほとんどを「ナクスル(NAXLU)」が占めています。手間が圧倒的に少ないことが特徴で、取り出し頻度は数ヶ月に1回程度。仮に投入量が多くても月に1回(年間12回)程度で済みます。また、ランニングコストも他社製品に比べて安価で、数年単位でのメンテナンスが必要です。他の乾燥式メーカーから乗り換える方も多く見られます。

「ナクスル(NAXLU)」のメリットとデメリット

メリット

「ナクスル(NAXLU)」は、生ごみをこまめに処理したい方に特におすすめの製品です。この処理機はバイオ剤を使用し、微生物が生ごみを分解することで処理を行います。生ごみを入れるだけで、後は機械が自動的に処理を完了してくれるため、ユーザーの手間はほとんどかかりません。処理時間が非常に短く、他の製品が数時間かかる中で、「ナクスル(NAXLU)」はほぼ即座に処理が完了します。この点で、「処理が1秒で終わる」との謳い文句が実証されました。

処理後のごみを取り除く手間はほとんどなく、何度でも継ぎ足して使用できます。騒音レベルも実測で38dBと非常に静かで、比較した他の製品が50dBを超える中で、「ナクスル(NAXLU)」はトップクラスの静音性を誇ります。「音が気になる」という口コミとは反対に、メーカーの静音設計の謳い文句が裏付けられました。

デメリット

ただし、骨や貝殻といった硬い食材は事前に分別する必要があります。

「生ごみが臭わない」と評されることが多い一方で「音が気になる」「サイズが大きすぎてキッチンに置けない」といった意見もあります。

ニオイ対策と処理能力

「ナクスル(NAXLU)」は、3層のハイブリッド脱臭システムを採用しており、処理中の排気からはほとんどニオイを感じません。実際に臭気鑑定士が確認したところ、「臭気はない」との評価でした。処理後に若干のアンモニアと脂肪酸のような処理剤特有のニオイは残りますが、これは処理剤の特性によるもので、生ごみの強い臭いはしっかりと取り除かれます。特に魚のニオイなど、比較した他の製品が苦戦する強いニオイも効果的に除去できる点は大きな魅力です。

サイズと設置場所

「ナクスル(NAXLU)」はサイズが大きく、キッチンに設置する際にはスペースを確保する必要があります。幅38.5×奥行き43.0×高さ58.0cmというサイズで、室内に設置するには事前に置き場所を確保することが重要です。口コミでも「キッチンに置けない」という意見がありましたが、その通り、大きなスペースが必要です。屋外設置にも対応しているため、室内にスペースがない場合は屋外に設置することも検討できます。

おすすめユーザー

主婦層:日常的に生ごみの処理に悩むことが多い家庭の主婦。

共働きの30代:朝の忙しい時間帯にごみ捨てが負担になる共働き夫婦。

40代~50代の男女:子供が成長し、生ごみの量が増加する年代。

60代以上の世代:食べ残しが増え、ごみ捨ての負担が大きく感じられる年代。

時短家電としての使用以外にも、ガーデニングや家庭菜園に処理後の生ごみを堆肥として再利用できることも利点としてあげられます。

価格と助成金制度

「ナクスル(NAXLU)」の価格は税込139,700円(執筆時点)。他の生ごみ処理機が10万円以下で販売されていることが多い中で、「ナクスル(NAXLU)」はやや高価です。しかし、助成金の対象となる場合があり、お住まいの自治体によっては補助金を受けることができる可能性があります。消費電力が60Wと低く、ランニングコストも抑えやすい点は長期的なコストパフォーマンスを考える上で大きなメリットです。

購入方法とまとめ

「ナクスル(NAXLU)」は公式サイトや楽天市場、Amazonなどの大手ECサイトで購入可能です。助成金制度を利用すれば、通常より安く購入できる場合があるため、お住まいの自治体に確認してみると良いでしょう。普段からポイントを貯めているサイトで購入するのも賢い方法です。

総じて、「ナクスル(NAXLU)」は家庭の生ごみ処理を劇的に改善し、より快適で清潔な生活環境を提供する優れた製品です。ぜひ、あなたの家庭に合った生ごみ処理機として、「ナクスル(NAXLU)」を検討してみてください。このレビューが購入の参考になり、日常の生ごみ処理が一層楽になることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました