あの黄金色の飴!黄金糖はどこで売ってるの? 料理にも使えるのかな・・・ | ナ ニ コ レ 倶 楽 部

あの黄金色の飴!黄金糖はどこで売ってるの? 料理にも使えるのかな・・・

黄金糖は、砂糖と水飴だけで作られたシンプルな味わいが人気の飴です。美味しさを楽しむだけでなく、料理にも使えることから、幅広い場所で手に入ります。お近くの店舗で探してみてくださいね!

黄金糖を売っているお店

黄金糖は全国のイオン、スーパー、コンビニエンスストア、ドン・キホーテ、ダイソー、ドラッグストアなど幅広い店舗で販売されています。特に以下の場所で見つけることができますよ。

コンビニ: ローソン100、ファミマなど

100均: ダイソー、セリア、キャンドゥなど

スーパー: イオン、ヨーカドー、西友、平和堂、ベイシア、ベルク、トライアル、ザビッグ、アピタ、オークワなど

ドラッグストア: コスモス、スギ薬局、サンドラッグなど

その他: カインズホーム、コーナン、駄菓子屋、ホームセンターなど

簡単に売ってるお店については終わってしまったので、黄金糖についてもっと掘り下げていきますね!

黄金糖の歴史について

黄金糖は 1919年(大正8年) に誕生しました。

その始まりは、瀬戸口伊勢松が宮崎県都城で砂糖と水飴だけを使って作った金色の飴、「金銀糖」を売り出したことにさかのぼります。その後、1923年(大正12年) に大阪府堺市で瀬戸口商店として創業した際、名前を「黄金糖」に改めました。

このとき、形も現在のような四角柱になりました。独自の型を開発して、離型油を塗る必要のない技法で、宝石のようにキラキラと輝く美しい飴が完成しました。

第二次世界大戦中には原料の砂糖が入手困難になり、休業状態に追い込まれましたが、戦後に操業を再開し、香料や着色料を使わない製法を守り続けています。

黄金糖は、日本人の生活スタイルや嗜好が変化しても、自然な味と香り、金色の輝きで国民の皆さまに愛され続けています。今では、アメリカや台湾など海外にもたくさんのファンを持つグローバルな飴となっています。

歴史を知ると、何だかとても貴重なものに感じます。

黄金糖の風味と特徴

黄金糖は、シンプルで素朴な風味が特徴です。以下に黄金糖の風味について詳しく説明します。

甘さ: 黄金糖は砂糖と水飴から作られており、甘さが豊かです。砂糖の甘さと水飴の風味が絶妙に組み合わさっています。

香り: 黄金糖は独特の香りを持っています。金色の輝きと相まって、目でも楽しめる飴です。香りは、砂糖の風味や水飴の甘さとも関連しています。

口どけ: 黄金糖は口の中で溶ける感触が心地よく、滑らかな口どけがあります。これは、独自の製法によるもので、他の飴とは異なる特長です。

自然な味わい: 香料や着色料を使わない製法で作られているため、自然な味わいが楽しめます。他の飴と比べて、シンプルでありながら奥深い味わいがあります。

黄金糖は、その美しい金色と独特の風味で、多くの人々に愛されていますね。

黄金糖を使ったレシピ

黄金糖を使った美味しいレシピを二つ紹介します。黄金糖は甘さと風味が特徴的で、さまざまな料理に活用できます。

パリサク大学芋

材料:
焼き芋(食べやすいサイズに切ったもの)
黄金糖(12個)
水(小さじ1)
黒ごま(適量)

作り方:
焼き芋を食べやすいサイズに切ります。
ボウルに黄金糖と黒ごま、水を入れてレンジで600Wで2分温めます。
温めた飴に切った焼き芋を絡め、クッキングシートの上に重ならないように並べます。
10分ほど冷凍して完成です。

いかなごのくぎ煮

材料:
いかなご(1kg)
お酒(70g)
醤油(150cc)
みりん(50cc)
ざらめ砂糖(180cc)
黄金糖(200~250g)
皮付き土生姜の千切り(5粒程度)

作り方:
鍋にお酒、醤油、みりん、ざらめ砂糖、黄金糖の順に入れて強火で煮立てます。
煮立ったらいかなごを3回に分けて鍋に入れ、パラパラと混ぜます。
皮付き土生姜の千切りを加え、再び煮立てて約40分煮詰めます。
煮汁が少なくなったら、鍋を振って混ぜ、いかなごの間にアワが出るくらい煮詰めます。

砂糖と水飴だけで作られていますから応用が利きそうです。いろいろ試してみてください。

黄金糖 Q&A

Q
黄金糖と純露の違いは何ですか?
A

黄金糖と黄金物語は同じメーカーです。 純露の方が黄金糖より味が濃く、黄金糖はあっさり味で気泡が少なくきれいです。

Q
黄金糖は1袋(一般な大きさの袋)何個入りですか?
A

65g×15個入りです。 (1個4.7gで19Kcal)

Q
会社情報について
A

名称 : 株式会社黄金糖(OGONTOH CO.,LTD.)
設立 : 1950(昭和25)年
代表者 : 瀬戸口 光生(せとぐち みつお)
所在地 : 【大阪本社】〒558-0033 大阪府大阪市住吉区清水丘3-8-21-100

株式会社黄金糖のホームページは楽しい作りになっているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

さいごに

黄金糖は、そのシンプルな味わいでこれからも愛され続けるだろうと思われます。最後に楽しい動画を見つけましたのでご覧ください。このキャンペーンまたやってほしいです!

【抽選会】純金の黄金糖が当たる!抽選応募キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました